人物写真(ポートレート)を綺麗に撮影したい!人物写真の撮り方

デジタル一眼レフ購入で人物撮影の楽しさに目覚めた

写真を始める方の中には、「撮影会に参加して、好きなアイドルやモデルの写真を撮りたい」という動機を持っている方も多いでしょう。また、風景や静止画の写真を撮っていた方が慣れてくると、次は人物撮影に挑戦しようと考えるケースもあるはずです。

今回は、写真撮影の中でもコツが重要といわれる、人物写真(ポートレート)について、きれいに撮影するコツについてご紹介します。ちょっとした工夫一つで、被写体の魅力がぐっと引き立つ撮り方を覚えれば、撮影ライフがより楽しいものになるでしょう。




 

ポートレートの撮影を始めるために、これからカメラなどの機材を選ぶという方もいるでしょう。一般的には、人物撮影に適した撮影機材は「フルサイズの一眼レフカメラ」と、「明るめの短焦点レンズ」といわれています。

しかし、カメラ初心者の方の場合、予算や汎用(はんよう)性などの都合で、ズーム(望遠)レンズとのセットになった、一眼レフ本体の購入を考えている場合もあるかもしれません。ズームレンズを用いて人物を魅力的に撮るコツもありますから、まずはズームレンズで十分に慣れてから、単焦点レンズの購入を検討する方法がおすすめです。

この後の項目でも、ズームレンズで人物をきれいに撮影するコツについてご紹介します。ぜひ参考にしてください

人物にピントを合わせ、背景はぼかしてもOK

アイドルの写真集やファッション雑誌のモデルスナップなどで、人物がくっきり映っていながら、周囲の背景がぼかされている写真をよく目にします。これは、デジカメやスマートフォンのカメラでは難しい、一眼レフならではの技術で撮影されたものです。同じような雰囲気の写真を撮影できるカメラアプリは、有料無料を問わず多数リリースされています。最近のスマートフォンにはポートレート機能というのもついています。

この手法で人物を撮りたいと考えている方が多くいることが分かりますが、そもそもなぜここまで人気があるのでしょうか。ぼやけた背景により被写体の輪郭が際立ち、被写体そのものを美しく撮影できるからではないでしょうか。そして、1枚の写真の中で、どこに視点を向ければ良いのか明瞭なので、より一層主役を目立たせることができます。

 

ズームレンズで背景をうまくぼかして撮るコツは?

「三分割法」とは、写真を撮る人にとって基本中の基本とされる構図です。

人物写真を撮るとき、気をつかわずに撮影すると、どうしても枠の中央に人物の顔が映り込む構図になりがちです。もちろんその手法でも構いません。しかし、より上級者っぽく見せるためには押さえておきたい構図があります。それが「三分割法」です。

三分割法とは、その言葉通り、撮影する枠を縦と横に三分割して、枠内に九つのマス目があると意識しながら被写体や背景の配置を考える方法です。

その縦横三分割の線の交点部分に、主役である被写体が当てはまるよう配置すれば良いのです。

インターネット上の画像素材サイトなどにある人物写真を検索してみると、大抵のポートレートが上記の三分割法の手法を取り入れています。もちろん、構図の種類はこの三分割法だけではありませんし、どうしても守らねばならないルールというわけでもありません。ただし、「どのように撮影したら良いんだろうか」とお悩みのカメラ初心者の方にはおすすめの構図です。

一部分の見切れには要注意

上半身なら上半身、全身なら全身というように、被写体を枠に収めて撮影することはポートレートの基本です。見せたい箇所に気を取られ、手や脚の一部分が見切れてしまうと、やはり人物写真としては不自然なものになってしまいます。

どうしても全身を枠に入れられないときは、脚の上半分までにして膝元が見切れるようにすると、少し不自然さが解消されるかもしれませんね。

 

おわりに

今回は、人物写真(ポートレート)を撮影するときのコツについてご紹介しました。

背景をぼかすコツや、三分割法はたとえ初心者ではなくなったとしてもいつまでも使える手法です。まずは基本をマスターするために練習してみてはいかがでしょうか。

デジタルカメラが主流になり、かつては現像や焼き増しに掛かっていたコストもぐっと下がりました。まずは納得の1枚が撮れるよう、モデルさんにも協力してもらってたくさん撮影しましょう。

 

プルミエール撮影会では、全国の現役で活躍する、モデルやアイドル、レースクイーン・イベントコンパニオン・モデル・コスプレイヤー・ダンサー、素人の女の子をキャスティングして、ハウススタジオなどで、様々なシュチュエーションにて撮影会をとりおこなっております。

撮影会の種類も多々ご用意させて頂いておりますので、お好みのスタイルで心ゆくまで撮影ライフをお楽しみいただければと思っております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>